本文へスキップ

ペチカのご相談は山口左官工業所へ

メールでのお問い合わせは info@pechika.info

〒396-0215 長野県伊那市高遠町小原407-5

塗り壁&タイル張り仕様detail

長野県飯島町A様邸 2017.10月

横6.5丁サイズ、焚口と一体型のピザ窯コンロ付きペチカです。
調子の悪くなった薪ストーブの交換に伴い、同じ場所にペチカの設置をされました。

本体レンガは漆喰塗り仕上げに、焚口耐火レンガはタイル張り仕上げなっていて、
高級感のあるペチカになっています。

お施主様は、前よりゴージャスに見た目もよくなり、夜焚けば朝まで余熱で温かいことと、
前より薪も使わなくなりとても喜んでいます。燻製作りも楽しみになり、また、
煙突掃除もいらないし、ほんとにペチカにしてよかったとおっしゃっていました。

上段の焚き口がピザを焼いたりのオーブングリルになっています。
本格2層式のピザ窯仕様です。ピザは直接火床に置いた方がカリッとおいしく焼けるそうです。

通常は下段の焚口を使います。焚いた炎と熱は、上部コンロに伝わりペチカ本体へと流れていきます。同時に熱が上段のピザ窯伝わるように設計されています。

薪が燃えて煙が出ず赤くなっている状態(オキ)になったら、ピザ窯が使えます。
耐火レンガの余熱とオキの熱だけで、短時間で調理できます。

ピザのほか、クッキー、パン、ハンバーグ等とても美味しく調理できます。おいしく出来るのは、耐火レンガから出る遠赤外線効果と、薪の香りによるものです。

コンロ付きタイプですので、煮物もできます。

施工写真


ペチカ概要

本体大きさ 縦1850×横1520×巾465
使用レンガ数 1000丁
機能 オプションの本格2層式ピザ窯で、コンロ付き。蓄熱層のペチカ本体は横6.5丁のコンパクトサイズ。焚口金物内側に断熱レンガを装着しているので、ピザ窯内の保温効果と鉄扉表面の高温防止効果を考慮しています。
厳寒時使用薪束数 1日 針葉樹2.5〜3.5束 もしくは広葉樹1.5〜2.5束

*機能・厳寒時使用薪束数は目安です。使用環境により変化し、保証するものではありません。