本文へスキップ

テンカラ毛ばり釣りby Yamakeiは釣果が上がるコツを説明しています。

お問い合わせ先メールinfo@pechika.info

→メール作成はこちらをクリック

テンカラ毛ばり釣りby Yamakeiは釣果が上がるコツを説明しています。

テンカラ毛ばり釣りby Yamakeiへようこそ 
テンカラ毛ばり釣りは昔からある毛ばりを使った漁師(りょうし)の釣り方ですが、コツがわかれば、 初めての方でも餌(えさ)釣りより楽に釣ることが出来ます。

管理人Yamakeiが、テンカラ歴30数年の経験をもとに初心者にもわかりやすく、上級者にはより釣果(ちょうか)が上がるようなコツを説明しています。 テンカラ釣りのアイテムの紹介・源流釣りでの準備やキャンプ方法等も説明しています。
→テンカラ動画
2011.6.5 6月初旬の木曽大滝支流でのテンカラ釣りの様子です。水温はまだ低く毛ばりの追い方は夏よりは少ないですが、ヤマトイワナが釣れたシーンが出ています。
→テンカラ動画
2017.7.7 7月初旬の三峰川支流でのテンカラ釣り初心者が、教わりながら初めてのテンカラ釣りをしたシーンが出ています。

テンカラ毛ばり釣りの基本スタイルは・・・?

商品画像

テンカラの魅力(みりょく):毛ばりを追ってくる岩魚を見ながら釣る

「見える魚は釣れない」とい言われますが、テンカラ釣りは見える魚は釣れるのです。 魚のいるポイントへ毛ばりが飛ぶと魚は大きな口をあけて追ってきます。

それを見ながら毛ばりをくわえる瞬間に、竿を持つ手首を返して食い合わせます。
魚が毛ばりを追ってくるシーン、魚がヒットした瞬間の手ごたえが、テンカラ釣りの醍醐味(だいごみ)です。

一度味わったらもうやみつきになるでしょう!
商品画像

テンカラ竿:軽量で握(にぎ)りやすく振(ふ)りやすいことが重要

竿の先(トップ)が回転しないタイプのテンカラ竿でもOKですが、
出来れば竿のトップが回転する竿の方が仕掛(しか)けの糸が

絡(から)まりにくくお勧めです。
一番は軽く握(にぎ)りやすく振(ふ)りやすい竿を選ぶことが大切です。

テンカラ釣りは常に毛ばりを振り続けるので、重い竿は腕(うで)が疲れてしまいます。
初めのころ渓流釣りの竿を使っていましたところ、手首が腱鞘炎になってしまいました。

それ以来テンカラ専門の竿の購入を検討しました。
また、渓流では竿の長さは3.5〜4mがお勧めです。持ち運びに邪魔(じゃま)にならない、

収納時(しゅうのうじ)になるべく短くなるタイプがお勧めです。特に源流ではデイバッグに入るコンパクトの竿の方が、木の枝にかからずお勧めです。

竿が折れた時のために予備の竿も携帯(けいたい)しているといいでしょう。源流まで行って竿が使えずに帰るのも、悔(くや)しいものです。

商品画像

毛ばり:水面でも見やすい濃(こ)い色でやや小さめを選ぶ

Yamakeiが経験上お勧めの毛ばりの色は黒系です。
なぜ黒系がいいのかブログで説明しています→ブログYamakei-world

こげ茶・濃紺(のうこん)・濃い紫もいいです。

大きな毛バリは魚がくわえたときバレやすいので、毛の多いタイプは避(さ)けたほうが無難です。
針はやや小さくても、尺岩魚(しゃくいわな)も釣れます。

商品画像

テンカラライン:毛ばりを飛ばすのに道糸(みちいと)の重さが必要


テンカラ釣りは、おもりは使わずにテンカララインの重さで飛ばします。
テーパーラインと撚(よ)ったラインがありますが、

風のある時はテーパーラインは流されやすく、撚りのあるラインのほうが流されにくく扱いやすく、お勧めです。

Yamakeiは20年以上愛用している撚ったタイプのテンカララインもあり、非常に長持ちし丈夫です。

商品画像

ハリス:丈夫(じょうぶ)な1号以上がお勧(すす)め

テンカラ釣りでは、おもりは使わずに、
毛ばりはテンカララインの重さで飛ばします。

テーパーラインと撚(よ)ったラインがありますが、風のある時はテーパーラインは
流されやすく、撚りのあるラインのほうが流されにくく扱いやすいので、お勧めです。

Yamakeiは20年以上愛用している撚ったタイプのテンカララインもあり、非常に長持ちし丈夫です。
商品画像

偏光(へんこう)グラス:テンカラ釣りには必須(ひっす)

テンカラ釣りは、魚が毛ばりを追ってきてくわえた瞬間に合わせます。
魚が見えてないと食い合わせのタイミングが合わせずらく釣果が上がりません。

川の水面は光が乱反射して中の様子が見ずらいです。角度によっては見えますが、
必ずしもその立ち位置で毛ばりが振れる状況とは限りません。

偏光グラスをかけていれば水面の乱反射がなくなり、川の中の様子がよく見えます。
偏光グラスが無くても釣れることもありますが、魚の追い方を見ながら釣るほうが釣果が格段にあがります。
商品画像

たも:収納タイプがお勧め

テンカラ釣りは、魚を川の中で釣り上げることや、岩の上で釣り上げることがよくあります。たもがあればどこでも岩魚を取り込めます。

移動の時邪魔(じゃま)にならない軽量なタイプで、収納(しゅうのう)式が
お勧めです。     

川へ出かける前に準備をしよう

      

釣り券の準備と禁漁(きんりょう)期間・禁漁区の確認



釣り場では禁漁期間と禁漁区があります。事前に調べておきましょう。右サイドから検索出来ます→
また釣り場では漁業監視(かんし)員による釣り券携帯(けいたい)の確認があります。        


管轄(かんかつ)地域の漁業協同組合の年券又は漁業権鑑札(かんさつ)を取得すれば一番良いのですが、
年に一度か二度程度ならば日釣り券で十分です。

日釣り券は釣り場周辺のコンビニでも扱(あつか)っています。
釣り場での漁協監視員による購入は割高になるので、予(あらかじ)め用意しときましょう。


      

釣り場へ行く前に毛ばり振り(ポイント打ち)の練習をしよう!



毛ばりを飛ばすには、ラインを鞭(むち)で打つようにすると反動で毛ばりが飛びます。少しなれたら、ラインが地面(水面)につかないように毛ばりだけが地面(水面)におちるように練習しましょう。

実際の川ではラインが水面に落ちると魚はびっくりして逃げてしまいます。
ですから毛ばりとハリスだけが地面(水面)に落ちる練習をしましょう。

飛ばす先に洗面器等おいてその中に入ればOKです。要領(ようりょう)がわかりさらに練習すれば、
茶碗(ちゃわん)にも入るようになります。

風があるとコントロールしにくいので、初めは無風の時練習しましょう。


テンカララインとハリスと竿の長さのバランス
       


竿の長さ=A、テンカララインの長さ=B、ハリスの長さ=Cとした時

狭(せまい)い川幅で使う、短い仕掛(しか)け   B=A−100p   C=60p B+C=A−40p
一番使うスタンダードの仕掛け           B=A−70p   C=70p B+C=A
幅のある川で使用 長い仕掛け           B=A−40p   C=80p B+C=A+40p

このテンカララインとハリスの長さのバランスは基本の仕掛けですが、
川の状況(じょうきょう)に応(おう)じて変えるといいでしょう。

毛ばりの振りの練習は初めは中位のスタンダードタイプが扱(あつか)いが楽でしょう。


      

ポイントに飛ぶようになったら、食い合わせの練習をしよう!



毛バリがポイントに飛ぶようになったら、魚が毛ばりを追ってきたのをイメージしながら、 1・2・3とカウントしながら、食い合わせの竿の返しの練習をしてみましょう。

食い合わせとは?

魚が毛ばりを加えた瞬間に竿を持つ手首を素早く返して、 毛ばりを魚のあごにひっかけて魚を釣り上げる作業です。 毛バリがポイントに落ちてから魚がくわえるまでの時間は、 夏は1秒〜3秒くらい

春〜初夏は2秒〜5秒くらいです。 ですから返しは夏は3秒、春~初夏・は5秒以内で行わなければなりません。 毛ばりは本物の虫ではないので、魚は毛ばりをくわえた直後に異物だと思いそれを吐き出します。

ですから、くわえた瞬間に合わせないと釣れません。このタイミングが合った時ヒットします。
食い合わせが出来ないとせっかく毛ばりをポイントに打ちこむことが出来ても、 毛ばりを魚のあごにひっかけて魚を釣り上げることはできません。

毛ばりを追ってくる魚を見ながら釣る!


毛ばりを魚のいるポイントに飛ばすと、 魚が毛ばりを追ってくるのが見えます。餌(えさ)釣りにはないエキサイティングなシーンです。 そして魚が毛ばりをくわえる瞬間に食い合わせをします。

タイミングが合ったなら強烈(きょうれつ)なインパクトで、ファイトする魚を釣り上げることが出来ます。 この瞬間を味わったなら、テンカラ釣りはもうやめられませんね!

魚が追ってくるのがわからなくても、1・2・3 のタイミングで釣れる時があります!

実際に川では、夏なら、毛ばりをポイントに打ちこんで遅くとも3秒で、食い合わせの竿の返しをしながら 魚の出るのを見て釣っていきます。

早合わせなら毛ばりと悟(さと)られず、数回は毛ばりを追ってきます。
魚の出るのがわからなくても、食い合わせのタイミングが合えば釣れます。


テンカラ毛ばり釣りについて詳しく載っているブログYamakei-worldへのリンク特集

管理人Yamakei のブログへのリンクです。体験談や実際の川でのテクニックの紹介です。
初級者の方から上級者の方まで釣果を上げる参考にしてください。Let's enjoy Tenkara !

初級編1・2
実践編1・2・3・4・5・6・7・8・9・10

釣果を上げるポイント1・2・3・4
キャンプ
体験談1・2
燻製の作り方

ブログYamakei-world インフォメーション
2017.7.9更新
    
全国各地域の天気をピンポイントで検索
全国各地の天気
三峰川上流(長谷浦)の天気
木曽大滝川上流(大滝村)の天気

観測地点のリアルタイムの水位・雨量検索
全国各地の河川検索
三峰川上流荒川リアルタイム累加雨量
三峰川支流小黒川リアルタイム累加雨量
三峰川支流山室川リアルタイム累加雨量
木曽大滝川リアルタイム累加雨量

長野県釣り場マップ・放流情報等検索
伊那市天竜川漁業協同組合HP

木曽川漁業協同組合HP
上小漁業協同組合HP

全国漁協検索iタウン 
iタウン 全国の漁協の検索はこちら

釣り用品
フライにトラウトなどフィッシング用品はコチラ!
tennkara

tennkara<<お勧めテンカラアイテム>>

これさえあればすぐにテンカラ釣りを始められる充実のキット


【送料無料】ダイワ(Daiwa) テンカラキット 36
幅広く対応する本格的テンカラ竿

【送料無料】ダイワ(Daiwa) NEOテンカラ36

メガネに簡単装着。サイズ・カラーが選べるクリップ偏光グラス
●薄くて軽量

【送料無料】ダイワ(Daiwa) トリアセテート偏光クリップ DQ-8021 S ウィードグリーン

虫が空を舞いながら落ちていく様なしなやかさ、ノントラブルテーパーライン

【送料無料】下野(しもつけ) 極選テンカラ舞らいん フロロ 4.0m



アウトドア用品とフィッシング用品を30万点を取り扱う世界最大級の専門店。
ナチュラムアウトドアtennkara

ナチュラムフィッシングtennkarap

アウトドア&スポーツ ナチュラムtennkara

アウトドア&スポーツ ナチュラムtennkara

アウトドア&スポーツ ナチュラムtennkara

*テンカラ毛ばり釣りby Yamakeiはナチュラムとアフェリエイト提携しています。

テンカラ毛ばり釣りby Yamakei